※この検索窓はサイト内検索用です。サイト外検索はできません。

リンクサイトマップへのリンク


ホーム

教室案内へのリンク

講師プロフィールへのリンク

作品紹介へのリンク

HANA情報TOPへ戻る

今月のレッスンへのリンク

メール問い合わせフォームへのリンク

information

見学・体験レッスン常時受付中
(レッスン日の前日迄にお申込下さい)
※体験の方は花代のみ(1,080円)頂きます。
レッスン日は上記の今月のレッスンにてご確認頂けます。


●お問合せは上記のメール問い合わせよりメールフォームにてご連絡ください。
下記のTel/Faxでも受け付けます。
Tel/Fax 03-3449-3487




五反田・吉祥寺のいけばなフラワー教室。
詳細は「教室案内」をご覧下さい。


HANA情報

  HANAに関するコラムページです。
     過去のHANA情報ページ>>2004年2005年2006年、2007年、2008年2009年2010年2011年2012年2013年
2014年2015年2016年


2007年10月

    花展のお知らせ


 創立40周年記念

 日本いけばな芸術展 1000の花、1000の心

  10月24日(水)- 29日(日)

  日本橋高島屋8階

  入場料 1,000

路傍のすっくと咲く一輪の彼岸花に心うばわれ涙するこの秋です。

2007年8月

 早朝4時過ぎ、セミの大合唱で今朝も起こされました。
「おねがい、もう少し寝かせて。しずかにして!」
PCにむかっている今、23時30分。朝ほどではないけど
セミが鳴いています。???まいったなあ~。

駅までの路には、実になりかけた紫と白のアガパンサスが群生し
そろそろ花時を終えようとしています。
その近くにあるエゴの樹が、すこし???。緑色のサクランボのような実が
さがり、目立たないけどとても可憐なのですが、一枝だけ花と蕾がいっぱい。
もしかしたら、この枝だけ傷ついたか、過酷な思いをしたのでしょうか?

駅までの数分間、セミの鳴き声に耳を澄ませて目をこらし
桜の葉陰にその姿を見つければ、なぜか嬉しいのです。
セミは好きな木ってあるのでしょうか?

さア~、セミたちそろそろ休みませんか!
そうでした。地上でのわずかな日々をいのちの限り謳歌してください。

2007年5月

新緑の木々を眺めながら、駆け足で過ごした
長かったこの春を振り返る。

やわらかな陽光に、きらきらと水面を輝かせ
田植えを待つ米どころ……。


   そして、その先で出会えた

これ以上なし さくらさくらの はなの道   

                   明子


明日にも散り始めるかの千数百本、
近く遠くの楽しげな花見客、
照りすぎず、言うことなしの日より
しだれ柳の緑とのコントラスト
静かで穏やかな空気の中を浮遊するかの異次元

今日、日々、窓辺から眺める桜は
けやき、くすのきなどの大樹と緑が重なり
在処を定かにできません

2007年4月

地震、大風、雷…いまの季節はいつ?
桜を生けると春を感じるのはもちろん、
ただ、季節に先がけて花をいけるので
少しズレがあるかもしれません。

外は満開の桜、そんなある日に燕子花をいけました。
水温む春。やわらかな陽の光まで感じられます。
もしかすると毎年、その年はじめて燕子花を生けると
春を実感していたのかもしれません。
ふと、そんなことを想いながら気品ある紫の花に
目を留めました。

新しい美術館のニュースに、記事に目を通すだけで
なかなか出向けないのがげんじつ。

美術館によっては祝いの花を受けつけないと聞き、
さもありなんと納得しつつ、花のイメージ、花の個性、
さらには花の表現の奥深さを痛感したのです。
病院でもお見舞いの花のケアーができないのでと、
断られるところがあります。こちらは何らかの方法が
ないものかと思うのですが。
こんどは大輪のラナンキュラスが微笑んでいるのが
目にはいりました。

2007年2月

植物、そして「いけばな」

『夏物語』という韓国映画を観た。
上映開始とともに、ヒノキの木々、そしてその緑の葉が大画面を舞、
場内に静謐な空気が香りとともに吹き抜けていく。
ヒノキは人を呼ぶ力があると、主人公が手作りしたヒノキの葉を挿し添えた
栞がこの物語の象徴として登場する。

植物に、特に緑豊かな木々に精神的な意味合いを持たせたり、
いわゆる憑依という神が依りますとしんじることは、いけばな誕生の
要素のひとつでもある。門松をたてたり、日本特有の風習とおもえることも、
かたちは同じではなくても、韓国でも共通の植物への畏怖があるのかも。

物語と植物で、かなり以前の経験をおもいだした。
昭和から平成に変わる年のNHK大河ドラマ『太平記』。恩師の助手で
佐々木道誉や足利尊氏の妻が花をたてるシーンに何度か関わった。
尊氏も道誉もいけばなの歴史上、欠くことのできない人物である。
歴史的背景としてだけでなく、画面に映し出された「いけはな」に登場人物の
心情を語らせる場面があり、人と花・植物の持つ精神的ふしぎを思いました。

わ~きれい!いいかおり!植物ってありがたい。

(c) 2004 Copyright hara hanaaisya. All Rights Reserve